Kimono Hearts Portal Column キモノ豆知識

着物を着るなら押さえておきたい着崩れ対処法

着物の着崩れを防ぐためには、ちょっとした所作にも気を遣うことが大切。着慣れないうちは所作なんて難しい……と思ってしまいがちですが、着崩れた着物をそのままにして、せっかく着物を着ているのにだらしない印象を与えてしまってはもったいないですね。
実は、着物はちょっとしたポイントを覚えておくことで、長時間着ていても美しい状態を保つことができるのです。今回は、心掛けておきたい着物の着崩れの対処法をご紹介します。

着崩れが起こる原因って?

着崩れが起こるのは、締めが甘い、体型の補正が十分でない、動くときの所作に問題がある、といった3点が主な原因。つまり、着崩れを防ぐためには、着付けの段階と着た後の動作、それぞれの場面で細心の注意を払わなくてはならないということです。

しかし、どれだけ気を付けていてもやはり着物に着崩れは付き物であるため、着崩れをしたときに自分で直す対処法を覚えておきましょう。コツさえ押さえておけば、対処するのはそこまで難しくはありませんよ。
崩れやすい箇所と、咄嗟のときに使える対処法を挙げますので、着物を着るときに意識してみてください。

衿が崩れてしまったときの対処法

凛々しい美しさを演出する着物の衿元は、崩れてしまうと一気にだらしない印象になってしまいます。衿が崩れてしまったら、できるだけ早く直しましょう!

衿がゆるんだとき

左の身八つ口(脇に空いている切れ目)に手を入れて、下前(体に近い方の身頃)の衿を引きます。たるんだところは腰ひもの間に入れ込んでしまいます。上前の衿を直すときは、衿元のラインを正しつつ、帯の下のおはしょりを引いて衿下を調整してください。

衿がかぶったとき

身八つ口から少し身頃を引っ張り、後ろのおはしょりを下に引いて衣紋を抜きます。身八つ口のたるみは帯の中に入れて整えます。

長襦袢が崩れてしまったときの対処法

長襦袢の着付けが甘く、着物の端から少し見えてしまうということがあります。こうしたときに、綺麗に整える応急処置の方法を覚えておきましょう。

長襦袢の半衿が見えなくなったとき

着物の衿を若干中に折り込むことで幅を狭くし、おはしょりを引っ張って幅を整えます。

長襦袢が袖口からはみ出たとき

身八つ口に手を入れて引き上げることで、おおむね直すことができます。それでも対処しきれない場合は、着物と長襦袢の袖の内側を、外から見えないように安全ピンで留めます。

後ろ衿が出すぎたとき

着物をたくし上げて長襦袢の背中を持ち、真ん中から引き下げます。

着物の裾にずれが出たときの対処法

着物の裾部分がずれてしまうと、せっかくの凛とした印象も半減してしまいます。こうしたときには、下記の方法で対処しましょう。

上前が下がったとき

おはしょりの下から上前の衿を引き上げ、下がってきた分を帯の下に入れ込み、最後におはしょりを整えます。

下前が下がったとき

上前の下から下前の衿を引き上げて帯の下に入れ込み、おはしょりを整えます。

裾が広がったとき

おはしょりの下から上前、下前の衿を内側に引き上げて、裾つぼまりに整えます。下前側のおはしょりを多めに取って引き上げると綺麗に直すことができます。

長時間着物で過ごすときなど着崩れが心配だという方は、崩れてしまったときの対処法を覚えておくだけで、安心して過ごすことができる1でしょう。所作も着物の美しさのひとつと意識して、着崩れすることないよう着物を楽しんでくださいね。

あなたのお気に入りは見つかった?自分をもっと好きになる魔法のコーデ、探しに来てね♪

スタイル別の最新振袖カタログ無料プレゼント カタログ請求

あなたのお近くのキモノハーツショップへ! 来店予約

安くてカワイイ!賢くオシャレを楽しむプチプラセット

ママの振袖を可愛く着こなす ママ袖de成人式

成人式に行けない!着られない!方へ 写真de成人式

卒業式はハカマで行こう!

kimono hearts ONLINE STORE もっと身近に、もっと便利にキモノコーデを楽しもう

スタイル別で選ぶキモノハーツのCoorde Label

facebook

twitter

instagram

youtube