失敗しないキモノ選びの秘訣~キモノ豆知識~

成人式で素敵な写真を撮るコツを大公開!!

成人式で素敵な写真を撮るコツを大公開!!

華やかに着飾った成人式。若々しく美しい晴れ姿を、素敵な写真に残しましょう! 人物写真の撮り方には、ちょっとしたコツがいつくかあります。自然な表情になる位置取りや、群像写真をうまく撮る方法など、知っておけば素人でもできるワザをまとめてみました。

カメラを構える前に気をつけること

「じゃあ撮るよ」と言う前に、カメラを持つ人は以下のポイントを意識しましょう。

自然な表情を撮るなら順光より反逆光

逆光では顔が暗くなるから、写真を撮るなら順光(光が前面から当たる位置)で撮ると、一般的には言われますが、必ずしも順光がベストとは限りません。順光で人物を撮るとコントラストが強すぎて、目元や顎の下に影ができやすくなります。晴天の昼間なら、むしろ「半逆光」。斜め後ろに太陽が来るようにすると、柔らかく光があたって肌も綺麗に写ります。写される人もまぶしくないので、自然な表情の写真になります。

背景に注意! 写る情報を整理する

被写体になる人が引き立つように、背景を選ぶことが大事です。特に、成人式のときは周囲に人が多く、撮る場所が悪いと背景がごちゃごちゃして主役が埋もれがち。撮るときは、人が写り込まない場所を選びます。成人式の雰囲気を出したい場合は、人の群れが遠目に写るようにしてぼかすのがおすすめ。
また、背後の木やタワーが、被写体の頭上に来ていないかもチェックしてください。

グループ写真は色の並び方に注意

お友達が集まって撮る写真は、皆が華やかな振袖を着ているので、全体の配色に注意しましょう。同系色の振袖の人をまとめるようにすると、画面の収まりが良くなります。
また、補色(反対色で隣り合わせると互いが引き立つ色)を意識して並びを変えると、にぎやかな写真になります。
【補色の1例】  赤⇔緑、黄⇔紫、ピンク⇔青緑、オレンジ⇔青

さまざまなカメラで撮影する際のワンポイント

一眼レフカメラまたはマニュアルモードで撮る場合

絞り優先モードにして開放側(F値が低め)で撮るのがおすすめ。絞りを開放すると背景がきれいにぼけやるので、人物中心のふんわりした写真を撮りやすい。

スマートフォンの場合

セルカレンズを活用するのがおすすめ。スマホは画角が狭いので、グループ写真が苦手です。とはいえセルフィースティック(自撮り棒)は、成人式では邪魔な存在。セルカレンズはスマホにはさんで装着するだけで、広角写真が撮れるようになり、たくさん並んだお友達もフレームに納めることができます。

あると便利なリモートシャッター

ワイワイ皆で集合写真を撮ることは、成人式のお決まりの行事。誰かがカメラマンになり、交代してほかの人がカメラマンに……と撮るのでは、結局どれも誰か1人が写っていない集合写真になってしまいます。
そこで役立つのが「リモートシャッター」。リモコンでシャッターを押せるので、用意しておくと全員が映った写真が撮影できます。

たった一度の成人式、素敵な写真を残したいですね。ここで紹介したのはそれほど難しくないものばかりですので、おぼえておいて実践すると、ワンランクアップの写真が撮れるでしょう。

振袖の写真をSNSに投稿するだけでクオカード最大3000円分がもらえるチャンスを得られるSelifie Contestも開催中!!