失敗しないキモノ選びの秘訣~キモノ豆知識~

振袖美人になる為の振る舞いマナー講座

振袖美人になる為の振る舞いマナー講座

着物の美しさは、着ている人の立ち振る舞いも大きく影響します。粗雑な動きをすると、すぐに着物が着崩れを起こしてだらしなく見えてしまいます。特に振袖は、着物の中でも袖がとても長く、袖をどこかに引っかけてしまったり踏んでしまったりしやすく、それがきっかけで着崩れしてしまいやすいもの。ときにはなにかに引っかけて、着物が破れて高いお直し代が発生してしまうことも……。
綺麗な振袖をより美しく優雅に見せる振る舞いとは、どのようなものなのでしょうか? 振袖美人になって、より振袖を美しく着こなしましょう!

歩く、座る、階段を使うときのコツ

振袖を着るときは、日常的な所作が重要。所作に気をつけておかなければ、せっかく綺麗に着付けをしていてもどんどん着崩れてしまいます。普段はあまり気にしないような、ちょっとした歩く、座る、階段を上り下りするなどの仕草にも気を遣う必要があります。

  • 歩く

振袖を着ているときは、普段より少し内股気味に、歩幅を小さくして歩くこと。そうすることで、着崩れを防ぐことができます。また、背筋はしっかりと伸ばすよう意識しましょう。

  • 正座をする

正座をするときは左足を少し後ろへ引き、背筋を伸ばしたままゆっくり腰を落とします。そうすると、着崩れをしにくいですし、上品な動作となります。このとき、裾を踏まないように気を付けながら座るようにしてくださいね。

  • 階段を上り下りする

階段を使用する際は、裾を踏んでしまわないように、両袖を重ねるようにして左手で持ち、もう片方の手で上前をつまんで持ち上げます。階段は、一段一段ゆっくりと上り下りをするようにしましょう。

難しい電車や自動車の乗り降り、椅子への腰かけ方

普段は特に意識しない電車や自動車での所作、また椅子に腰かけるときの所作も、着物を着ているときには注意が必要です。

電車はたくさんの方が乗り合わせるため、邪魔にならないように袖は膝の上にのせておきましょう。吊革につかまる際には、ひじが見えないように袖下を片手で押さえることがポイントです。
車に乗るときはまず腰から先に入り、次に頭と上半身を入れて、最後に足を入れます。降りるときは足を先に出し、次に頭を出して腰を上げるという順序です。

いずれの場合も、腰かけるときは帯が崩れないように浅く座ることが大切です。また、椅子に座るときは袖を左手で持ち、上前を右手で持つと邪魔にならず、きれいに腰かけられるでしょう。

食事の席でも注意が必要!

振袖を着る機会に付き物なのが、会食のシーン。食事をするときも上品さを保つため、着物を汚さないために、以下のことに気を付けてください。

まずナプキンが用意されているときは、端を襟元に入れ込んで上前を守ります。グラスを持つとき、乾杯のときには袖下を押さえ、脇を締めればひじも出ず上品に見えます。冷たい飲み物が入っているグラスを持つときは、水滴が落ちないように紙ナプキンで底を包むとよいでしょう。料理を口に運ぶ際は大口を開けてしまわないよう、ひと口で食べられる大きさに切って食べます。

もし食べ物をこぼしてしまったときには……

食事中気を付けていても、食べ物や飲み物を誤ってこぼしてしまうこともあるでしょう。もしそのようなことが起きてしまっても、焦らずに対処します。その場で無理に落とそうとしても、生地を傷めてしまうことにもなりかねませんので、以下のことを実践してみてください。

まず、こぼした箇所を乾いた布やナプキンなどでたたくように拭きます。このとき、こすったり湿ったもので拭いたりすると、シミが広がるだけではなく、生地の傷みにもつながるため注意が必要です。

水気を取ることができたら、あとは着物のシミ取り専門の業者に預けるのが得策。業者に頼む際は、そのシミがどういったものが原因なのかをきちんと伝えておきましょう。それによって一番適切なシミ取り方法を選んでくれるはずです。

トイレに行きたくなったら

振袖を着たままトイレってどうすればいいのか、わからず不安になる方も多いでしょう。
トイレの仕方ですが、まず振袖の裾を汚さないように下から持ち上げて帯上部の隙間に挟み込みましょう。次に白の長襦袢も帯に挟み込み、最後に肌着も同様に持ち上げればOKです。
この時に裾を1枚ずつ持ち上げるのが面倒だからって重なっている部分を左右に持ち上げると着崩れの原因になってしまうので絶対にやらないように。
また裾を元に戻すときは裾がめくれてないかよく確認しましょう。

洋服を着ているときとは勝手が異なる振袖での所作は、日常的な動作一つひとつから細かく気を遣うようにしてください。そうすることで、着物姿をより美しく見せるだけではなく、着物を長持ちさせることにも繋がります。着物を着用するときは、身も心も引き締めて上品な振る舞いを心掛けるようにしましょう。