Kimono Hearts Portal Column キモノ豆知識

色無地の着物の魅力について

色無地は、非常に万能な着物。様々なシチュエーションに合わせて、自在に装いを変えられます。若いときに1枚色無地を買えば、卒業式、結婚式、お宮参り、子どもの入学式、子どもの卒業式と、折々に着ることができます。色無地を知れば、着物の底しれない魅力がわかってきます。

色無地について

「色無地」は、黒以外の一色を使って全体を染め上げた着物です。色無地に使う生地には、素無地(地紋のない生地)と紋生地(地紋のある生地)があります。色無地に家紋をつけると礼装格になり、冠婚葬祭に使うことができます。紋をつけなければ普段のお洒落着として、帯や半襟で着こなしを楽しむことが可能です。

色無地を着用できる場面いろいろ

紋を入れない色無地
お出かけの際、お洒落着として着ることができます。柄物の半襟や、個性的な柄帯と組み合わせると、無地でもとても華やかな装いになります。観劇やお稽古事に行くときの着物としてもぴったりです。
紋を入れた色無地

家紋を入れたら、準礼装から礼装まで使うことができるようになります。一つ紋を入れた色無地は、卒業式の袴に合わせる長着に→華やかな丸帯を合わせて結婚式に→黒帯を合わせて法事用→丸帯をお太鼓に結んで宮参り→子どもの入学式や卒業式のように生涯着られる一枚です。

色無地は、若いときに娘らしい明るい色で染め、年配になったら落ち着いた色に染め替えることができます。着物には「悉皆(しっかい)」という加工技術があり、素無地の色無地なら、染め替えるだけでなく柄を描き足し、金銀泊を置くことも可能です。「一枚持つなら色無地」と言われるのは、こうした変化のつけやすさゆえです。

袋帯「礼装用」

結婚式に出席するとき
西陣織など、金糸銀糸を使った豪華な袋帯を合わせます。柄も吉祥文様など慶事にふさわしい文様で。着付けは、変わり文庫やふくら雀など華やかな飾り結びにします。この装いは、結納などほかのお祝いの場合にも使えます。
法事などしめやかな場に
色無地の色が寒色系なら、黒帯を締めることで準喪服として使えます。その際は草履などの小物も黒や暗色に。周年数の多い回忌なら、寒色以外の色無地でも黒帯を締めて出席することが可能です。

名古屋帯「お洒落着用」

茶会など少し改まった場に
金銀泊を混ぜた錦織の名古屋帯は、格式の高い茶会にも着て行けるコーディネートです。派手すぎない季節感のある柄が、風流を楽しむ茶席に向きます。
お洒落着、お出かけ着として

個性的な錦の変わり織の帯は、ちょっとしたお出かけにぴったりです。色無地は帯が目立つので、帯で遊ぶには絶好の長着。美味しい物を食べに行くときに野菜や魚柄の帯を締めたり、自然の豊かな場所へ行く時に連山柄の帯を締めたりすると、着物らしい粋な着こなしを存分に楽しめます。

色無地は一色でシンプルだから、コーディネートをおぼえるには絶好の着物。仰々しくない一つ紋をつければ、大抵の場に自信を持って来て行けます。絵柄が無い分、帯や半襟の組み合わせで、様々な表情が作れます。ゴージャスにも清楚にも着ることできる色無地で、着物を楽しんでみませんか?

あなたのお気に入りは見つかった?自分をもっと好きになる魔法のコーデ、探しに来てね♪

スタイル別の最新振袖カタログ無料プレゼント カタログ請求

あなたのお近くのキモノハーツショップへ! 来店予約

安くてカワイイ!賢くオシャレを楽しむプチプラセット

ママの振袖を可愛く着こなす ママ袖de成人式

成人式に行けない!着られない!方へ 写真de成人式

卒業式はハカマで行こう!

kimono hearts ONLINE STORE もっと身近に、もっと便利にキモノコーデを楽しもう

スタイル別で選ぶキモノハーツのCoorde Label

facebook

twitter

instagram

youtube